気化する

 気体のバイブレーションを低めてまいりますと、固体になるわけです。

バイブレーションを上げていきますと、気体になるのです。

皆様方はよく、天気と言います。

天気とは、晴れていることを言います。

天気とは、「天は気ですよ」と。天が固体であるはずがありません。

ちょうどここに氷と水と、空のコップがありますけれども、空のことを気体と言い、
水のことを液体と言い、氷を固体と言います。

この順序からしますと、どちらがバイブレーションが高いかということなのです。
                           
気体のほうですね。ここが原点なのです。

バイブレーションを上げるということは、「気化」するということなのです。

「気化」するということは、エネルギーが高くなるのです。

バイブレーションを下げていきますと、エネルギーは、低くなってくるわけです。

だから皆様方が、固定観念を持っている限り、バイブレーションは上がりません。

エネルギーは、高くなりません。

「あなたは思っているとおりのものであって、
それ以上でも、以下のものでもありません。」
posted by ワダマサ at 18:51 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブレーションの高め方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12605048

この記事へのトラックバック
本関連書籍はこちらの下方にあります。 一般の本屋さんにはありません。 ここだけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。