神の磁場

「磁場は、そこに住む人の想念によって決まってくる」

 そういう状態を、皆様方はよく知らねばなりません。

それは、逆も真なりで、悪は悪としてのそれもまたあります。

だから皆様方は、人から好かれる人になっているのか、好かれない人
なのかということも、よく考えてみてください。

皆様方のよく言う、磁場が良いか、悪いかということは、その家庭に訪問
しまして時間を忘れ、なんて良い気持ちなのだろうと思い、1時間も2時間もいるのに、2〜3分しかいた気がしないという非常に波動のいい場所と、
行った時から、腰掛けに座る時からお尻がムズムズして、早く帰りたいと
いう気分を起こさせる家がありませんか。

体験ありますね。

そういうところは、相当磁場の低いところなのです。

その磁場はだれがつくっているかといいますと、そこに住んでいる人が
つくっているのです。

その磁場がそうだということは、そこに住んでいる人の意識が、
低いということです。

その波動は想念でつくりますので、宇宙の力、神の力は想念で制動させる
ことができるのです。

だから、四六時中神を思いなさい、そこには神の磁場が存在するわけです。

波動が存在するわけです。

無意識のうちにも神を思えるようになってはじめて、神の磁場そのものと
なるわけです。
posted by ワダマサ at 10:34 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神の磁場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
本関連書籍はこちらの下方にあります。 一般の本屋さんにはありません。 ここだけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。