その知識は悟りにあらず

 あなた方は、せめて一日の内に1時間でもいいですから、時間を決めて、瞑想をしてください。

せめて一日に1時間でも高い状態にいることができるのか、
あるいは10分でも、14、15分でもいいし、あなた方はその波動を
高める時間は、いくらでもあるのです。

「わたしは、忙しくて、瞑想する時間がないのです。」と、低い状態を
思う時間はあるのに、自分の波動を高める時間がないということは、
嘘になりますね。

瞑想ということは、その意識を高めるということなのです。

 その瞑想というものは何かと言いますと、この念仏というものと、
瞑想というものは同じなのです。

仏を念ずることが、念仏なのです。

即ち、神を念ずることが瞑想なのです。

念仏と瞑想とは同じものです。

「親鸞上人」が、その一例です。

皆様方は、日本の有名な「親鸞上人」は、知っていると思います。

親鸞上人は、非常に知識の高い、博識を持っていました。

彼の読んだ書物は、荷馬車の二合分もあったと言われています。

 一生懸命、勉強して、本を読みましたが、悟らなかったのです。

「悟らなかった。」

どんなに知識を得ても、悟るものではないということを、
彼は悟ったのです。

最終的になにを選ばれましたか。念仏を選んだのです。

「その知識は悟りにあらず」と言ったのは彼なのです。
posted by ワダマサ at 20:38 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その知識は悟りにあらず
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16434748

この記事へのトラックバック
本関連書籍はこちらの下方にあります。 一般の本屋さんにはありません。 ここだけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。