神という信仰

 皆様方の病気というものは、そのバイブレーションが高いから
病気になるのですか。

病気というものは、光から派生するものなのですか。

闇から病は、生れるものなのですか。

バイブレーションの高い人は、病気になりますか、ならないですか。

では、今の世の中、病気がたくさん出ているということは、
人間の波動が低いからですよね。

 昔の人間と言ったら、非常に語弊がありますが、今から50年前
くらいの人は、神という信仰をもっていたわけです。

今の人間は、神という信仰を持っていないのです。

物質という信仰をもっています。

金だ、物だという、物質社会になったのです。

その神のことしか考えない人間と、金のことしか考えない人間と、
どちらがバイブレーションが高いですか。

だから物質文明が栄えれば栄えるほど、人間のバイブレーンョンは
高くなるのでしょうか、低くなるのでしょうか。

物質文明が栄えたら、病気は多くなりますか、低くなりますか。
posted by ワダマサ at 22:44 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 神という信仰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
本関連書籍はこちらの下方にあります。 一般の本屋さんにはありません。 ここだけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。