高周波数

バイブレーションの高い人は、病気にはなりません

 四六時中、神を思うということは、四六時中、無意識のうちにも
「我神なり」という思いがおこったとき、そのものに神が着座なされたと、
定着したと、いうことになるのです。

そうすると、四六時中、神の波動をだすわけですから、その人は
どこにいても無言の奉仕と言いまして、波動を奉仕して歩く人と
なるわけです。

 あなたが、「我神なり」という波動を出しているときは、安全なのです。

 安泰なのです。

あなたが「我神なり」というあなたの神の波動をだしているときは、
たとえ雨のように爆弾が降ってきても、その人はその爆弾の影響を
受けません。

 悪い波動と良い波動は、同調しません。

はねのけます。波動の神意識の人間が弾に当たりませんね。

類は友を呼ぶの法則ですから、闇と闇は同居できるけれども、光と闇とは、
同居できません。

高周波数と、低周波数は、波長が合わないということなのです。

いま、皆様の意識が低いということは、低周波になります。

低バイブレーションですから。低波動ですから。
posted by ワダマサ at 21:31 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | バイブレーションの高め方

バイブレーションの高め方

 この世の中、なぜ病気が存在しているかといいますと、その理念が
低いからなのですね。

バイブレーションの高め方というのは、意識を高めなければなりませんね。

想念を高めなければなりませんね。

「我神なり」という思いと、「我人間なり」という思いと、どちらがバイブレーションが
高いですか。

「我神なり」と思っている時はヽ神の波動なのです。

「我人間なり」という思いを起こしている時は、バイブレーションを下げています。

「下げてる、上げてる、私は人間です」と思っている時は、想念が高いのですか、
低いのですか。

だから、四六時中、神を思いなさいという諺があります。

「我神なり」という思いを起こしている時は、神の波動を持っています。

「我人間なり」と思っている時は、低い状態を顕しているわけです。

それは、皆様方の、望んだものです。

あなたが望んでいるわけですから、望んでいるとおりのものが現れるわけです。

想念は実現の母と言いまして、思っているとおりのものであって、
それ以上のものでも、以下のものでもありません。
posted by ワダマサ at 10:01 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブレーションの高め方

気化する

 気体のバイブレーションを低めてまいりますと、固体になるわけです。

バイブレーションを上げていきますと、気体になるのです。

皆様方はよく、天気と言います。

天気とは、晴れていることを言います。

天気とは、「天は気ですよ」と。天が固体であるはずがありません。

ちょうどここに氷と水と、空のコップがありますけれども、空のことを気体と言い、
水のことを液体と言い、氷を固体と言います。

この順序からしますと、どちらがバイブレーションが高いかということなのです。
                           
気体のほうですね。ここが原点なのです。

バイブレーションを上げるということは、「気化」するということなのです。

「気化」するということは、エネルギーが高くなるのです。

バイブレーションを下げていきますと、エネルギーは、低くなってくるわけです。

だから皆様方が、固定観念を持っている限り、バイブレーションは上がりません。

エネルギーは、高くなりません。

「あなたは思っているとおりのものであって、
それ以上でも、以下のものでもありません。」
posted by ワダマサ at 18:51 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブレーションの高め方

神の波動

波動とは、想念であり、理念であり、理想であり、意識である

 どうすれば、波動、バイブレーションを高めることができるのか。

最近、皆様方は、よく波動という言葉を耳にしますが、その波動というものが
何であるかということを知らない人が多いのです。

全て物というのは、波動を持っています。

ただ高いか、低いかだけの違いなのです。

波動のことを外来語に直しますと、「バイブレーション」と言います。

「バイブレーション」とは、何かと言いますと、「想念」だということです。

「理念」あるいは「理想」とも言います。

理想の高い人というのは、意識の高い人。

波動は意識そのものですから、意識が高くなりますと、波動が高くなるわけですね。

「我神なり」と思うものは、最高の波動ですよと。

これが神の波動ですから。

そうなりますと、我人間なりというのは、相当に低い波動ですよと。

その波動の低い状態を低次元と言いますし、波動の高い状態を高次元と言って
いるわけです。

高バイブレーション。即ち波動の高い状態を「高級霊」、波動の低い状態を低級霊と
言うわけですね。

この地上界というのは、なぜ低次元であるかというと波動が低いのです。

自分は固体だ、肉体だ、物質だという固定観念を持っているのです。

本来は、物は固体ではないんですね。
posted by ワダマサ at 18:33 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブレーションの高め方
本関連書籍はこちらの下方にあります。 一般の本屋さんにはありません。 ここだけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。