鉄は何故錆びるのか?

鉄は何故錆びるのか?(サビの原因とは?)

私たちが今まで学校で習ったことは本当だったのでしょうか?

鉄は何故サビるのでしょうか? 

一般的に下記のような説明が多くなされているようです。


質問: 鉄はなぜ錆びるのか?

答え: 鉄が錆びる原因は、空気中の酸素(O2)です。



鉄(Fe)が空気中の酸素(O2)に触れると、
酸化と呼ばれる化学反応が起こります。

この反応により出来たものが、
酸化鉄(FeO)いわゆる『さび』と言われるものです。


少し難しいですが化学反応式で書くと下のようになります。 

 2Fe + O2 → 2FeO また酸化は、空気中の水分が多いと活発になります。


鉄が水や雨に濡れるとすぐ錆びるのはこのためです。

『さび』とは、上の化学反応式よりわかる通り、
鉄が酸素により酸化鉄『さび』に生まれ変わる事により発生します。

過剰に作られた「活性酸素」は、
鉄が酸素によってさびるように私たちの体(細胞)をもさびさせるのです。



上記のことは真実でしょうか?


以下の実験結果を見ると、
今まで学校で習ってきたことがウソだったことがわかります。


↓↓↓↓(健康の秘訣、病気の原因はここにあるようです。)

↓↓↓↓↓↓↓↓(ぜひここを見てください。クリック)

http://www.geocities.jp/chibanathoth/sabi1.html


●このような真実を追究したい人は、
全国各地で開催されている勉強会へ参加してください。

●現代の教育、医学、科学がいかに手探り状態であるかがわかります。

●仮説が真実であるかのごとく、確認できていないことが、
 一般常識とされていることがいかに多いことでしょうか。

●宇宙科学の法則(21世紀の基礎)がわかります。

本関連書籍はこちらの下方にあります。 一般の本屋さんにはありません。 ここだけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。