イエス・キリストが海の上を歩かれたという意味

イエス・キリストが海の上を歩かれたという意味

 あなたを鈍重な、
この肉体を地面に引きずって歩くようなものになるか、
歩いてるのか、
飛んでいるのかわからないような人間になるのか、

あなた方は本当に、
我は神なりというそのバイブレーションをあげていきますと、
どこを歩いていても、
歩いているという感じがしません。

 だから、靴底を見るといいと思います。

 何年履いた靴でも、新品同様です。

もう、靴底がかたむいて、でこぽこの靴底を持っている人は、
相当重い波動をもっています。

波動が低いわけですから、
この重たい肉体をひきずりまわして歩いています。

 その人間は、ディーゼルのようなものであり、
排気ガスを出しますので、災いなのです。

足を地面からひきずりまわして歩いている人から、
いい波動が出ていますか?

重たそうに歩いている人から、いい波動が出ていますか?
出ていませんか?

ちょうどディーゼルのようなものです。

体を軽そうに歩いている人は、ガソリンのようなものなのです。

 波動を高めると、あなたの肉体は重くなるのですか、軽くなるのですか。

 軽くなりますと、体を地面からひきずって歩かなくなるのです。

自分が飛んでいるのか、
歩いているのかわからないような状態にならねばなりません。

そして、もっともっと上げていきますと、実際に●●●●。

 イエス・キリストが海の上を歩かれたという意味は、
彼の肉体は非常に波動が高かったのですか、低かったのですか。

肉体を液体状よりも高くすると、誰でも水の上を歩けませんか。

気体と液体とどちらが重いですか?

液体ですね。

そうすると、気体が液体の上にのっても、液体は沈みません。

ですから、彼が如何に自分の肉体のバイブレーションを上げて、
気化していたかと、軽くしていたかということがわかります。










posted by ワダマサ at 07:54 | ☀ | Comment(5) | TrackBack(1) | 波動の高め方

気の高さ

 エネルギーを得よう、得よう、盗もう、盗もう、とする者は、
エネルギーを失いますね。

だから、人からエネルギーを盗もうと、気を盗もうとしないことです。

与えることです。与えるためには、どのようにすればいいですか。

あなたの気を高くしていなければなりません。

気の高さとは、波動の高い人のことを気高い人と言うのです。

 気高くするためには、どのようにすればいいでしょうか。

あなたの想念を、理念を高くすればいいですね。

我、肉体なりという思いは、固定観念です。

 固定ということは、バイブレーションの低い状態です。

だから、固定観念を捨てよと。我、大気なりと。

実在しているのは、固体ではなく、気体ですから、実在しているものは、
全部気からなっています。

posted by ワダマサ at 13:06 | 🌁 | Comment(111) | TrackBack(4) | 波動の高め方

気体、液体、固体エネルギーとは?2

気体、液体、固体エネルギーとは?

 石油も今は、精製して、せいぜいガソリンとディーゼル、
そういうものの差でも、気の高さが違うことなのです。

気化してきますと、ガソリンの精製、私は、みたことがありませんが、
こういうものの中に入れ、ここから火を燃やします。

そうして、ここに燃料が入っていますので、重油が入っていますので、
ここから抜くか、上から抜くかで決まるのです。

上にいっているものは、鈍重ですか、気化されていますか。

気化されたものです。

重油などは、この辺からとっているわけです。

気体になったものは、高いもの、ガソリンなどは、このあたりから
とるのです。

 気圧をあげますと、次々気化していきますと、今度は液体ではなく、
気体となって出ていきます。ガスとなって。

今、その実験を私のほうでやっています。

原油をコスモ石油からもってきていただきまして、それをガス化して、
原油を石油や、ガソリンに精製するのではなく、原油をそのまま
ガス化して、それを燃やしてしまったらどうかという実験です。

大量にガスが出ます。もう、瞬時にでます。

ある電気的、放電現象を起こすのですが、そうすると、それを燃やしますと、ディーゼルとガソリンと、どちらが有害物質を多く出しますか。

ディーゼルは、黒い煙を出します。それは、不燃焼なのです。

完全燃焼していないからです。それは鈍重だからです。

バイブレーションが高いからですか、低いからですか。低いからです。

バイブレーションをあげていきますと、液体から、気体へまであげて
いきますと、燃焼効率がいいわけです。

人間も同じです。
posted by ワダマサ at 09:18 | 🌁 | Comment(1) | TrackBack(1) | 波動の高め方

気体、液体、固体エネルギーとは

気体、液体、固体エネルギーとは

 同じものですね。空気と書きます。

「天は気なり、空は気なり」なのです。

空気です。空気のことを気体と言います。

固体と液体と気体と、エネルギー効率からすると、どちらが高いですか。

 気体の方が高いです。だから、エネルギーの進化というのも、
この地上界では、どんどん進化してきたのです。

エネルギーを使う効率も。

最初は石炭、木炭、そして薪、そういうものをエネルギー源として
使いました。

今度は進化しますと、液体、石油、ガソリン、そういうものを
エネルギー源として使うようになったのです。

 いまからの時代、21世紀からは、その気体をエネルギーとして
使うだろうと。

エネルギー効率としては、気体エネルギーと、液体エネルギーと、
固体エネルギーと、どれがいいですか。

気体ということは、ガスです。根源です。

だから、有害物質はどこが多く出しますか。固体エネルギーと、
液体エネルギーと、気体エネルギーと。

どれが多く公害を出しますか。

公害というものは、不燃焼のことをいうのです。

完全燃焼しますと、公害はでません。

 燃焼効率がよければ、ガスは、出さなくなります。

その燃焼効率を高めていきますと、我々の大気汚染や、そういうものは
なくなります。

だから燃えあがってからは、この固体エネルギーも、液体エネルギーも、
使わなくなります。

すべてはガス、即ち気化されたものから使います。
posted by ワダマサ at 16:59 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(1) | 波動の高め方

与えよ、さらば与えられん

 エネルギーというものは、高いところから、低いところへと
流れますので、元気な人が病人のところに行きますと、元気な人の
持っている気が、病人の方は低いわけですから、そこへ流れます。

皆様方の病気見舞いというのは、エネルギーのチャージに行くような
ものなのです。

気を入れに行くようなものなのです。

だから、病人は元気な人のお見舞を、首を長くして待っています。

 今日、誰かお見舞に来ないかなといって。

ケーキを待っているのではありません。

皆様方の気が欲しいのです。

「汝、盗むなかれ」というのは、その意昧なのです。

気が高い人は、明るい人になっています。

「与えよ、さらば与えられん」ですから。

得よう得ようとするものは、失うと書いています。

エネルギーを得よう得ようとするものは、エネルギーを失い、
エネルギーを与えるものは、エネルギーを得るという意昧なのです。

トラックバックとは?

posted by ワダマサ at 19:19 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 波動の高め方

神という文字も波動

 神という文字そのものも波動なのです。

これを、波形というのです。

神という文字と、悪魔という文字と、どちらが波動が高いですか。

 この神というものは、多くあればあるほど神という文字から波動が
でるのです。

だから、書物にも、神という文字の入った書物は、とてもパワーが
高いのです。

お守りとなります。

 これが皆様方のいうお守りです。

皆様方の持っているお守りには、○○袖社と書いてあるはずです。

神という文字がはいっていますから、神という波動がそのお守りから
でるのです。

ただやっかいなことに、昔は、その神という文字に、それを書く
お坊さんの神、仏と念じながら書きましたので、相当に浄福された
波動を持っていたのです。

 今は、その文字よりも、形に変わったのです。

全きらの入れ物であればいいとか、袋がいいものであればいいとか、
形に目が眩んでしまって、そのお札は印刷物で、人間が念をこめて
書いたものではないのです。

完全に、印刷物になってしまっています。

昔のお札と、今のお札と、どちらが波動は高いですか。

お札が確かに、魔除けになるというのは、あるのです。

神という文字に闇は入れませんね。悪魔もはいれません。
posted by ワダマサ at 09:43 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 波動の高め方

ありがとう 宇宙生命エネルギー

ありがとう 宇宙生命エネルギー
posted by ワダマサ at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 波動の高め方

バイブレーション

これは固定観念をもっているのです。

自分は固体だという、肉体だ、物質だという。

本来は、ものは固体ではないんですね。

気体のバィブレーションを低めてまいりますと、固体になるわけです。

バイブレーションをあげていきますと、気体になるのです。

皆様方よく、天気といいます。

天気ということは、晴れているということをいいます。

皆様よく文字は書くけれども、まだ理解ができていないのです。

天気と、天は気ですよと。

天が固体であるはずがありません。

ちょうどここに氷と水と、空のコップがありますけれども、
空のことを皆様気体といっています。

水のことを液体といっています。

氷を固体といいます。

この順所からしますと、どちらがバイブレーションが高いかということなのです。

どちらがバイブレーションが高いですか、固体と液体と気体と。

気体のほうですね。

ここが原点なのです。

バイブレーションをあげるということは、気化するということなのです。

気化するということはエネルギーが高くなるのです。

バイブレーションを下げていきますと、エネルギーは高くなりますか?

低くなりますか?低くなってくるわけです。

だからみなさんがた固定観念を持つている限り、
バイプレーションはあがりませんよと。

エネルギーは高くなりませんよと。


宇宙エネルギーの発生
http://www.geocities.jp/chibanathoth/utyuenerigihasei.html
posted by ワダマサ at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 波動の高め方

波動の高め方

波動の高め方

波動とは、想念であり、理念であり、理想であり、意識である。

どうすれば、波動、即ちバイブレーションを高めることができるのか。

最近、皆様よく波動という言葉を耳にしますが、
その波動というものが何であるかということを知らない人が多いのです。

すべてものというのは、波動を持っています。
ただ高いか、低いか、だけのちがいなのです。

波動のことを外来語になおしますと、
バイブレーションといいます。

そのバイブレーションの高め方、
ということなのです。

即ちそのバイブレーションとは何かといいますと、
想念だということです。

これを理念あるいは理想ともいいます。

理想の高い人と、
理想の高い人というのは、
即ち、意識の高い人。

波動は意識そのものですから、
意識が高くなりますと、
波動が高くなるわけですね。

我神なりと思うものは、最高の波動ですよと。

これが神の波動ですから。

そうなりますと、
我人間なりというのは、
相当に低い波動ですよと。

その波動の低い状態を低次元といいますし、
波動の高い状態を高次元といっているわけです。

高バイブレーション。
すなわち波動の高い状態を高級霊、
波動の低い状態を低級霊というわけですね。

この地上界というのは、
なぜ低次元であるかというと、
波動が低いのです。

人間とは何か?http://www.geocities.jp/chibanathoth/ningentohananika2.html
posted by ワダマサ at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 波動の高め方
本関連書籍はこちらの下方にあります。 一般の本屋さんにはありません。 ここだけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。